くいくい日記 

ガンプラ製作レビュー、日記等

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: HGUCリゼルC型

HGUCリゼルC型 4 

2012/10/28 Sun.

フロントアーマー部分塗装

皆さんこんばんは。とうとう「寒い」というセリフが口からお出ましになる季節になりました。
暑い時に食べるラーメンもいいですが、やはり寒い時に食べるラーメンはなんというか、身にしみて美味しいです。

みなさんは、どんなラーメンが好きでしょうか。

僕は山形生まれのせいか、すこししょっぱめの醤油味が好きですね。最近は健康のためあまりやりませんが、スープのついた麺やチャーシューをライスの上にちょんとのせて味をつけてそのライスをかきこむのが大好きです。

ラーメンとライス、どちらも炭水化物なのですが、僕にとってラーメンはどちらかと言うとおかずのイメージですね。
なにせどちらもやめられない、おいしい化物です。

さて、リゼルC型です。

写真は、フロントアーマーの付け根などをグレーで部分塗装したものですね。
取説の完成写真と見比べないと、スルーしそうな塗装箇所が多いです。まあ塗り忘れたところであまりどうということはありません。

リアアーマー

こないだ塗装したリアアーマーのスラスター。部分塗装を終えてはめ込んだ様子です。
実はこのフィンの部分はボディカラーと同色のようですが、このままメタリックグレイのほうがかっこいいと思うのでこのまま行きます。

スラスター塗装

いくら行き当たりばったりの作成とはいえ、そろそろスラスターの内部あたり塗り始めましょうと。
ここはやはりメタリックレッドでやりました。取説は確かオレンジかな。このへんも全くオリジナルに合わせる気はありません。
バーニアの中は赤だ、というのは昭和生まれのおじさんのこだわりでしょうか。

Vマーク

腰のVマーク。黄色はあったので塗りましたが、オレンジは持ってないのでシールを貼りました。
少しだるいけど、まあこんなもんでしょ。

フロントアーマー

フロントアーマーの取り付け部分がこうなので、左右切り離してみました…が

フロントアーマー切断

ぶら~んとこうなります。落ちはしませんが、ゆるゆるなのですね。

応急処置

とりあえずテープでも巻いとけ、っとこうなりました。よいこのみんなは真似しないか、もしくは瞬間接着剤を盛るなり、パテを盛るなりしてみてください。結構ゆるいので、瞬着は厳しいかも。

腰部完成

謎の出っ張りも取り付けて、腰部の完成です。ウエイブライダー時に活躍するんでしたっけ?この出っ張り。

サイドアーマーの組立

続いてサイドアーマーの組立です。かなり長いアーマーですね。

部分塗装箇所

老婆心ながら、合わせる前にここの部分をグレーかなんかで塗装しとくといいかなーと思いますよ。

裏側のスミ入れ

裏側もいろんな模様があるのでスミ入れしときます。僕はきっちりしたモールドしかスミ入れしない主義ですが、こういう時は仕方なくただの段になってるところもスミ入れしてしまいます。でもかなりきれいに拭き取りますね。うっすら残ればいいです。

下半身 前

そうこうしてるうちに腰と脚をあわせてみました。フロントアーマーをちょん切ったので、左右アーマーが同時に動くというへんてこな感じはありません。

下半身 後ろ

後から撮ってみました。なんというか、スキだらけな気が…
そういえば前回、もも関節の取り付けを左右逆で紹介したと思います。今回が正解です。申し訳ございませんでした。

スラスター外側塗装


スラスターの外側を塗装するのにあたって、とりあえずランナーから切り取ると、小さすぎて手が汚れたり、パーツに指紋がついたりしますので、割り箸でスラスターの根本を挟んで、輪ゴムで固定しました。
両面テープがあれば、もっと簡単です。

スラスター外側塗装2

「やっぱりグレーかなあ」と考えたのですが、スラスターの外側は、シルバーにしました。
似合うかどうかは組み立ててのお楽しみ。

それでは、また!
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuikuitanaka.blog.fc2.com/tb.php/79-ebd4c2f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。