くいくい日記 

ガンプラ製作レビュー、日記等

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 1/48メガサイズモデル 量産型ザク

1/48メガサイズモデル 量産型ザク 1 

2012/01/29 Sun.

メガサイズザク

皆さんこんばんは。いよいよ冬本番ですね。風邪などひいておられませんでしょうか。
この寒さの中でも組み立てよう!とテンションの上がるキットを選びました。
1/48メガサイズモデル 量産型ザク
です!
なんだいまごろというなかれ。一度は作ってみたいです。でっかい立体物。ワクワクしながら箱をあけますと

開箱時

まあこんな感じにぎゅうぎゅう詰めになっております。でも最近よくみかけるフルアーマーユニコーンのランナーほどではなく、部品ひとつひとつが大きい感じ。

パーツ確認

ビニール袋を取り去ると、意外と部品は少ないようです。ただ、パーツそれ自体の重さで自然とランナーからもげちゃう時があるので、気をつけて取り扱ったほうがいいかもしれません。

取説

この、メガサイズシリーズは、お子様でも部品が大きいので作りやすいですよ、というコンセプトで製作されているようで(もちろん、大きいプラモデルの魅力を楽しめるというのもありますが)取説が、「てれびくん」とか「コロコロコミック」のノリで全編いってます。まじめに組み立てる側は注意が必要です。

「取れた!」などと書いてありますが、やはり手や、セパレーターなる怪しい器具でランナーからパーツを取ろうとすると、けっこうな確率でゲート跡がえぐれます。ニッパーを使用するのが無難ですね。でも、セパレーターは前から、間違えて組み立てたパーツ分解用に欲しかったので、今回入手できてよかったです。

ジムに履かせる

手始めに足を組み立ててみましたが、すでに大きいです。ジムが履くことのできる大きさです。この先どうなっていくのでしょう。

足裏

足裏はこのようなモールドが刻まれていますので、部分塗装してあげました。モールドはRGザクとほぼ同一のようですね。子供向けというからのっぺりしてるかと思えば、なかなか素敵なモールドが彫られていると思います。

ランナーのまま部分塗装

モールドが塗装して欲しいと訴えかけてくるようですね。こういうメカニカルなところはたとえあとで隠れるにしても取り敢えず塗装してみたくなるところです。(そして塗装しなかったところに限って露出してしまうことに)

アイコン

取説は足から頭の方へ向かって作っていくことを推奨しており、なら僕のつくる方式と一緒なのでと取説通りに進んでいくと、F2と書いてある下に腕を表すアイコンが描かれています。
あれ、いきなり腕作っちゃうの?と少し不安になりますが…

肘パーツ

素直に言うことを聞いて、肘パーツの組み立てです。ポリキャップをご確認できるでしょうか?ギザギザがあります。そして、ポリキャップを受ける凸の部品にはやはり少し突起がついてまして、そのおかげで組み立てて重たくなった腕や足などもクリック感を保ちながら、曲げている途中などで保持できるのですね。

ランナーを割る

ここで、突然ですが、ランナーを割ります。けして作るのが嫌になったわけではなく、これも脅威の製作過程のひとつなのであります。

ランナー状態にはめる

割ったランナーの中のパーツに先程の肘パーツと、ポリキャップをはめ込みます。指さしている部分がそうです。

ランナーを合わせる

そしてそれと対になるランナーをかぶせますと…

自動的に足首完成

なんという事でしょう!さっきまで肘を作っていたかと思いきや、いつの間にかその下の足首も組み立てていることになったのです。
合わせ目処理をしたいという方には全く余計なお世話な感じの作製方式ですが、プラモデル初心者の子供が、迷わずに分かりにくい関節パーツを一度に二箇所も組めてしまう、というやり方には僕は大変感心しました。

足首の作製

自動的にできた今ほどの足首パーツをABSの部品で挟み込みます。

足の作製

さらにそれを緑のおなじみの足パーツで挟み込み、冒頭の足底パーツとあわせて足の完成です。

足のスミイレ

ディープグリーンというエナメル塗料を薄めてスミイレします。銀色のところはRGザクでリアリスティックデカールを貼ったところです。もうアンコを詰めてあげたいほどの完全なモナカ割構造なのですが、合わせ目は、でかいからいいか…という気分ですね。子供の頃は良く叱っていましたが、大きくなったのだから、もう自分で判断しろよ、…というのとはちょっと違うかもしれませんが、まあそんな感じで、合わせ目消しはしません。

ポリキャップのモールド

えー、話は変わってポリキャップのアップです。みえなくなりますが、きちんとモールドが彫ってありますね。ココらへんの演出も子供にうけるのではないでしょうか。

ふくらはぎの作製

あれれ、いつの間にこれってどこのクシャトリヤ?なんて言いたくなるような部分塗装です。今回もスラスター部は、外側がシルバー、内側がゴールドでクリアレッドを重ね塗り、に統一したいと思っています(しばらく飽きるまでこうするでしょう)。

今回はここまでのご紹介とさせて頂きます。

では皆さんインフルエンザにお気をつけて。
それでは、また!

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuikuitanaka.blog.fc2.com/tb.php/52-3d873905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。