くいくい日記 

ガンプラ製作レビュー、日記等

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: おでかけ

水族館とわたくし 

2011/02/16 Wed.

外観

みなさんはデートコースといえば、どんな場所を連想しますか?映画館、博物館、美術館、そして水族館
これら4カン(?)ともいうべきお決まりのスポットは異性に下心のないことをアピールするばかりでなく、自らの知識を思う存分ひけらかすのに大変役に立つ施設です。中でも水族館では、「サンマの生態って意外と謎なんだよ」とか「うなぎはどこら辺の海域で産卵するかわかるかい」とか「おっとこのカサゴのトゲは注意しなきゃ」などと、もてる知識を総動員して意中の相手の尊敬のまなざしを我が者にするのに比較的適した場所のような気がします。

クマノミ

などと全く根拠のない無責任なアドバイスはおいといて、こないだは寺泊水族博物館に行ってきました。
家に閉じこもっていると三歳の息子はありあまって悪さを始めるので連れてきたわけです。

僕はこの水族館は結構お気に入りなのですが、その魅力のひとつが、こう言ってはなんですが、「古さ」ですね。
新潟に代表される「マリンピア日本海」や福島の「アクアマリンふくしま」、沖縄の「美ら海水族館」等素晴らしい水族館はたくさんあるのですが、どれもみな新しくて明るくて綺麗なんですよね。
それに対してこの寺泊水族博物館は昔から変わらない佇まいで、少し不気味で、ジメジメしていて、それが逆に魚たちを神秘的に見せたり、迫力をあたえたりしているのです。

廊下

入り口ではでっかいカメが出迎えてくれます。魚の大きさも種類も他の水族館にひけを取らないくらい十分楽しめます。それに加えてこの雰囲気のある通路がなんとも素晴らしい演出になっているのです。
まさに「ザ・水族館」ですね(なんのこっちゃ)

ペンギン

屋外展示にはペンギンやアザラシたちもいますヨ。

夏になればもっと活気がでますが、冬の水族館もなかなか味わい深いものがあります。また、近くには日帰り温泉が点在するわ、寺泊アメ横があるわ、トリックアート美術館があるわでいろいろからめて楽しむこともできます。

新潟にお立ち寄りの際はぜひ訪ねてみることをおすすめします!

長岡市寺泊水族博物館

〒940-2502 新潟県長岡市寺泊花立9353-158 TEL/FAX 0258(75)4936
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuikuitanaka.blog.fc2.com/tb.php/5-53bedfcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。