くいくい日記 

ガンプラ製作レビュー、日記等

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 1/1000 宇宙戦艦ヤマト2199

1/1000 宇宙戦艦ヤマト2199 その2 

2013/07/04 Thu.

R0012661.jpg

皆さんこんばんは。ご無沙汰です。

TV版ヤマト2199も着々と進んでますね。少し僕が気になるところは、なんか今風に女性乗員が多く登場するのですが、ところどころに「萌え」なシーンもあって、それが何となく古臭く感じるところです。いまどきこんな表現で誰もよろこばないよなーとか思っちゃいます。

肝心のヤマト2199ですが、このへんは内部構造を見せるつくりになっています。あとでわかりますが、艦載機の格納庫ですね。

R0012663.jpg

後部のパネルも取り付け。ささーっとスミ入れします。

R0012664.jpg

波動エンジンはメタリックレッドで塗装します。本当はもう少しオレンジですね。

R0012666.jpg

先程の後部パーツに波動エンジンを組み込みます。エンジンの排出口は見えなくなります。

R0012667.jpg

艦載機射出口のハッチの組立です。

これを見て思い出しました。幼い頃。
僕は父の東京社員旅行のとき、おみやげを聞かれ、「ヤマトの超合金が欲しいず」とお願いしました。
父は約束通り、ヤマトの超合金を買ってきてくれました。「それで、いいんだっけべ」と父は満足そう。

でも実はテレビでコマーシャルしてたヤマト超合金はDX版で、買ってきてもらったのはそれのスケールが小さいバージョンでした。かろうじて、艦載機射出口のハッチは爪でパカパカと開けることができました。
そこにコスモタイガーだかコスモゼロだか判別のつかない豆粒のような艦載機をポトッと入れて、取り出すときはヤマトをブンブン振って取り出すのです。

本当は不満でしたが、けっこうそのヤマトで遊んだ思い出がありますね。

R0012668.jpg

可動範囲はこれくらいですね。いろんなディスプレイの仕方の可能性があります。

R0012670.jpg

艦底を組み立てていきます。

R0012671.jpg

切り欠きをうまく合わせて組み立てます。接着剤なしでもうまく固定されます。

R0012674.jpg

先回組み立てた前部とつなげます。簡単にはつながりません。少しずつ合わせながら焦らずに各所をはめ込んでいきましょう。

R0012675.jpg

補助エンジンをくみたてます。エンジン内は深いので塗装しなかったです。

R0012676.jpg

おなじみのところにはめこみます。

R0012672.jpg


そういえばメインのエンジンは本当はグレーなのですが、クリアオレンジで塗っておきました。せっかくのクリアパーツですので。

R0012677.jpg

これで、ディスプレイ台に置けます。

R0012680.jpg

反対側。
この穴に安定翼がついたんだっけ、と思ってペラペラ説明書を見て行ったら、ここは塞ぐこともできるし、アクションベースに飾るためのアタッチメントをつけることができるようになっているらしいです。

R0012681.jpg

甲板。
これから細かいのがどんどん乗ってきます。

R0012683.jpg

少し傾いてますが、側面の立体感が良いですね。

さて、次回は艦載機あたりを紹介しながら、艦橋など少しずつデコレーションしていきましょうかね。

それでは、また!
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuikuitanaka.blog.fc2.com/tb.php/102-6a2c447f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。