くいくい日記 

ガンプラ製作レビュー、日記等

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: MGガンダム3.0

MGガンダム3.0 その1 

2013/10/12 Sat.

R0012768.jpg

皆さんこんばんは。今回から久しぶりのMGです。
MGガンダムver3.0
正しくはRX-78-2なのでしょうが、まあいわゆる「ガンダム」です。

評価は「RGをデカくしただけだ」とか、ver3.0という冠をつけたにしては…というがっかりだよの声が多いです。
ただ僕はこのガンダムのMGサイズは常々欲しいなと思っていましたので、今回組み立ててみることにしました。

R0012770.jpg

とりあえず、コアファイターから組み立てます。写真で見られるようにパーツは非常に複雑な形状をしています。
「上下を貼り合わせる」という従来のやり方から、「前後を差し込んでいく」というやり方に変えることにより、合わせ目が最小限ですみ、合わせ目が生じたとしても自然な感じに見えるのですね。

赤と白の色分けもうまくいき、従来の塗装の煩わしさが解消されています。

R0012772.jpg

煩わしい塗装といえば、けっこう目立つ感じのアムロくん。今回は仕方なく塗装しました。
通常はだいたいパイロットスーツの色なんて持っていないし、わざわざ買いたくもないので、パイロットの塗装はしないのですが、今回は手持ちの塗料で何とかできそうなのでやってみました。
一見難しそうですが、だいたい塗ってみれば感じは出ますのでチャレンジすることをおすすめします。
アムロのヘルメットのバイザーさえ塗ってしまえばけっこう見栄え良くなります。

R0012773.jpg

羽根などを差し込んでしまってから、バーニアの”わく”のようなもので止めてしまいます。うまくできています。
R0012775.jpg

アムロは回転式の椅子に座らせます。

R0012776.jpg

機首に載せます。キャノピーの枠はさすがに塗装は省略しました。

R0012778.jpg

機首の後ろ側、カバーになるところに差し込みます。

R0012780.jpg

垂直尾翼はやはりコアブロックへの変形に伴い格納される仕組みです。
これをRGガンダムのコアファイターでやられた時には参りました。

R0012781.jpg

機首を差し込んで、完成です。下側にはディスプレイ用のランディングギアが付きます。タイヤが一個一個つくよりこうしてもらったほうが便利ですね。

R0012782.jpg

先回のヤマトの話じゃないですけど、機首が大きめの解釈ですね。

R0012783.jpg

ですが、良くできています。コアファイター自体素敵な飛行機ですね~

R0012784.jpg

少々ホコリまみれですが、RGのコアファイターと並べてみました。RGのほうが赤の色が濃いですが、形はだいたい同じですね。

R0012785.jpg

コアブロックに変形させるときは手動ではありますが、コクピットを正面に向かせることができます。
アムロくん少し曲がって座ってますねえ。

R0012786.jpg

そしてやはり足から組み立て始めます。RGを組み立てた方ならおわかりでしょうが、構造がかなり似てます。加えて言うならアドバンストジョイントから組み立ててる感じです。

R0012788.jpg

本体の製作は次回にまわすとして、ヤマト2199の付録である三段空母を組み立ててみましたのでご紹介します。
これはもちろん旧キットですので、すべで接着剤を使用します。パーツの精度もいまいちです。ほんとにやるなら仮組みしながら、合わないところを調整して…といった難易度の高い技術が必要となります。

R0012789.jpg

接着剤が乾かないうちは次に進めないことが多いので、時間もなかなかかかります。
子供の頃は乾燥が待ちきれなくて、接着剤と塗料でベッタベタになりながら作ったものでした。
本当は一番上の甲板はきれいに収まるはずだったのですが、ハマりませんでした…

それでは、また!
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: MGガンダム3.0

MGガンダム3.0 その2 

2013/10/20 Sun.

R0012797.jpg

皆さんこんばんは。本格的に寒くなってまいりました。風邪などひいておられませんでしょうか。季節の変わり目は気をつけたいものですね。

「やられたらやり返す、倍返しだ」の半沢直樹のドラマが終わり、息つく間もなくリーガルハイが始まりました。
堺雅人さんの役作りはすごいですね~。ほぼ正反対の性格の主人公を演じ分けていますからね。どちらも過激な性格ですけど。

さてこちらはやられてもなかなかやり返せないアムロさんのガンダム3.0でございます。

R0012791.jpg

足だけでもけっこうなパーツ数。可動部位も多いです。見えなくなる内側のフレームにも丁寧にモールドが刻まれていますので作りながらも目で楽しめます。

R0012792.jpg

アンクルアーマーにもきちんとフレームがあります。丸一のパーツがつくあたりもリアルなモールドが刻まれていますね。

R0012793.jpg

角度によってはこの裏側も見えますので、補強されてるようなモールドが。

R0012794.jpg

丸一パーツはアンクルアーマーと別なので、アンクルアーマーの中心によくある合わせ目が必要なくなりました。フレームにかぶせるだけ。きれいですね。
丸一パーツはマグネットコーティング施工後の状態も選べますが、僕は初期状態、丸一のほうを選びました。
それとこのパーツには帯状のデカールを貼りますので、足に取り付ける前に貼ったほうが良いですよ。

R0012795.jpg

膝下、ふくらはぎのフレームの組み立てです。

連動可動箇所があります。それと、リアリスティックデカールを貼った場所は、ちょうどアキレス腱あたりのフレーム露出部分です。後でわかりますが、ここが見えると少し旧式のロボットぽさが表現されます。

R0012796.jpg

うまく言えませんが、このしたの二重丸の溝部分にU型の出っ張りがうまくハマります。良く考えられているのです。

R0012799.jpg

膝のカバーを付ける前に可動。色んな箇所が引き出されたり、ズレたり。でもパーツが外れたりする心配はありませんね。

R0012800.jpg

モールドは彫られているのですが、ただの丸いリアリスティックデカールを貼ります。仕方なく楊枝でなじませます。塗装のほうが良いと思います。

R0012802.jpg

フレームはだいたい完成です。装甲をつけていきます。

R0012805.jpg

装甲。これで全部ではありませんが。エナメルの薄いグレーでスミ入れしていきます。今回はけっこう丁寧にしているつもり。

R0012806.jpg

スミ入れが乾く間、膝裏の金属部分を(といってもガンダムは全部金属)。こちらのデカールは三枚に分かれていますので、凸凹は表現できますが、パーツ自体はグレーですので、やはり塗装推奨。

R0012808.jpg

あんまりうまく貼れませんでした。

R0012809.jpg

先程の装甲を取り付け。パズルのようにピタピタハマります。まだまだスカスカですが。

R0012810.jpg

ふくらはぎのボリュームが足りないので、

R0012811.jpg

こういう、装甲の下のパーツが付きましてから装甲の取り付けです。

R0012812.jpg

膝装甲は上下に分割されています。RGでもパーツは分かれていましたが、可動はしませんでした。

R0012814.jpg

ここまで、アンクルアーマーのデカール以外、左右違いなし。この腰との接続パーツをつけて左右の脚が区別がつきます。このパーツ組んでいる時に、丸いカバーを失くしました。どこに行ってしまったのか。とりあえず、影響無さそうなのでこのまま進めます。(もし、点灯用LED注文することがあれば、ランナー注文しようかな)

R0012815.jpg

R0012816.jpg

R0012817.jpg

R0012818.jpg

R0012820.jpg

こちらはRGの可動です。膝と腿の装甲の動き以外はだいたい一緒です。ほんと、RGはこの大きさで良くやってます。
R0012823.jpg

膝のモールドとデカールでふなっしーに見えると話題に。
…もうふなっしーにしか見えなくなりましたね。


というわけで、次回は腰と胴体部分ですね。

それでは、また!

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: MGガンダム3.0

MGガンダム3.0 その3 

2013/11/18 Mon.

R0012824.jpg

みなさんこんばんは。

…風邪をひいてました。私の風邪はのどから、でした。咳が止まりませんでした。やっと落ち着いたところです。

ガンダム3.0はそれでもぼちぼちと組み立ててましたので、写真もたまっちゃいましたね。

腰の組み立てからご紹介します。…結構前に撮ったのであまりおぼえていませんが、多分、腰の後ろのあたりでしょうかね。ラック的なものが開閉するところ。

R0012825.jpg

こちらはお馴染み、腰の前部ですね。V字マークはもちろん別パーツです。

R0012826.jpg
これは確か大気圏突入時の耐熱シートが入っていたところですね。パカッと開くようになっています。

R0012827.jpg

こちらは腰部を下から。股関節が前後に可動するようなシステムは今回はありません。

R0012828.jpg

脚を取り付けると何となく雰囲気がわかるようになりました。MGはやはり大きくて良いです。

R0012829.jpg

アーマーをつける前なので、好きなだけ動きます。

R0012830.jpg

そのアーマーですが、結構細かく分割されています。

R0012831.jpg

パズルのようにピッタリハマります。似たようなものを4枚作ります。

R0012832.jpg

ピンが露出するような箇所は、見えないとは思いますが、一応メタリックグレイで塗っておきました。

R0012834.jpg

先程の腰回りにはめこみ、フレームパーツをかぶせて抑えるような感じになります。

R0012835.jpg

サイドアーマーも微妙な色分けと立体構造が表現されています。

R0012836.jpg

どうせならコアブロックもドッキングしてみましょう。カラフルで素敵です。

R0012837.jpg

こちらは胸部フレームに肩の可動のためのパーツがついたところです。

R0012838.jpg

こちらはお馴染み、胸のダクトのフィンですね。一枚一枚はめ込んでいきます。

R0012839.jpg

一枚一枚はめ込んだ割りにはこうしてフレームで挟んでしまうとあまり自由には動かなくなります。

R0012840.jpg

先程の胸部フレームにセットしたところです。

R0012841.jpg

肩はかなり自由に可動するようです。丸いギザギザの部分をメタリックな感じに塗装するとおしゃれかもしれません。

R0012842.jpg

胸のフィンは上げ気味にしといたほうがかっこよく見えるようです。

R0012843.jpg

シートは茶、パネルはグレー、アムロくんももう一体塗りました。

R0012844.jpg

コアファイターを外で飾りたい人、もしくはledでガンダムの目を光らせたい人はこちらのコアブロックを使用します。

R0012845.jpg

青い外装を取り付けていきます。RGを組み立てた時も思ったのですが、妙に薄い青が使われている箇所が気になります。

R0012846.jpg

お腹の装甲パーツがもうひとつ間に入りますね。

R0012847.jpg

コクピットハッチ裏側です。スライドして小窓だけでも開きます。

R0012848.jpg

青の感じがやはり不自然に思えますが、胴体部の完成です。

R0012851.jpg

コアファイターを使用した場合、劇中でよく見られる小窓が開いた状態ではアムロくんの姿は確認できません。

R0012852.jpg

そこで、こちらのコアブロックの登場です。

R0012855.jpg

こんにちは~とアムロくんをみることができます。

R0012856.jpg

逆にハッチを全開しちゃうと、コアファイターに乗っていない感が伝わってしまいます。

R0012857.jpg

最後にランドセルの制作。バーニアをシルバーで塗装して、クリアパーツをクリアオレンジで塗装します。

R0012858.jpg

こちらはサブ的なバーニアですね。

R0012860.jpg

メインの方も同様に塗装します。クリアパーツにもかなり精密にモールドが彫られています。

R0012861.jpg

この状態ですと、メインのバーニア、結構可動するのですが、

R0012862.jpg

このカバーをかぶせてしまうとほとんど動かなくなります。

R0012864.jpg

白の模様も入って、より緻密なデザインになったランドセルです。ビームサーベルのカバーを取り付けて完成です。

R0012866.jpg

RGの頃とくらべても、尚更バーニアの解釈が大きくなったようですね。もう少し小ぶりなほうが似合うと思うのですが。

次回は頭部、腕部などを作ります。

皆様も風邪には気をつけて。

それでは、また!

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: MGガンダム3.0

MGガンダム3.0 その4 

2013/12/22 Sun.

R0012903.jpg

皆さんこんばんは。いや、メリークリスマス…でもないか。やはりこんばんは。

今年はお正月休みが職種によってはかなり長くなるカレンダーですよね。うちも9つくらい休めるかなー。

さてこちらはしばらく休みっぱなしのガンダム3.0。写真は肩のパーツの組み立てです。

R0012905.jpg

続いて二の腕の内部構造を。作ってるというより、説明書のまま作らされてる感じがします。

R0012906.jpg

この肘の組み立てで悩む方も多いのではないでしょうか。おおむね写真のように組み立てればうまくいくかと思われます。

R0012907.jpg


そういえばミスターメタルカラーのゴールドがあまり使い勝手が良すぎたのでなくなってしまい、代わりにブラス、という色を購入してきました。ゴールドより黄色っぽい感じがします。ゴールドのほうが塗りやすいです。こちらはそんなに濃くはないのですが、ムラが出やすい気がします。

膝裏のシールもすぐはがれちゃうので塗装しましたよ。

R0012908.jpg

先程の難しい箇所をクリヤーするとこうなります。丸一パーツにはやはりあらかじめラインのシールを貼っときましょう。金属色の部分はシールで再現となっていますが、どうせすぐはがれそうなのでこちらは塗装したほうが良いでしょう。

R0012909.jpg


前腕部に装甲をつけていきます。MGなのですが、少し小さく感じます。

R0012910.jpg

手首の上あたり、グレーっぽいパーツですが、完全に固定はされずに手首の動きによって少し動くようになっています。左右の薄いパーツで挟むように組み立てます。

R0012912.jpg


マニピュレータはMPというランナーについています。RGのアドバンストジョイントのように、切り取って動かせばいいだけです。

R0012913.jpg

全ての指の関節が可動します。ただ、気をつけないと外れたりして、一度外れると外れグセがついてしまいますので、根本を持ちながら静かに動かしましょう。

R0012914.jpg

マニピュレータだけ少しでかく見えますが、仕方ないですよね。

R0012918.jpg

うでは同じのを二本つくるとして、こちらは肩アーマーの組み立てです。

R0012920.jpg

まずはフレームのようなものを組み立てます。

R0012925.jpg

そして装甲をかぶせます。RGはカタカタ程度でしたが、今回はある程度動くようになっています。

R0012927.jpg


腕はデカールを貼って完成です。

R0012929.jpg


肩アーマーの穴に通してから、本体に差し込みます。

R0012930.jpg


早く頭をつけたいところです。

R0012931.jpg

なんかバーニアが立派過ぎるなあ…

R0012932.jpg


次回で頭部と武装やっておしまいですかね。オイルヒーター点けて頑張ります。

えーと良いお年を…かな?もう一回更新…ないか(笑)

それでは、また!

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: MGガンダム3.0

MGガンダム3.0 その5 

2014/01/21 Tue.

R0012980.jpg

皆さん…えー、明けましておめでとうございます。

すみません。今年はやっと今頃更新です。
早いものでもう1月も20日あまり経ってしまいました。やはり、年をとるにつれ一年一年が短く感じられてくるというのは本当ですね。となると、80歳くらいになれば、1週間くらいに感じるようになるかな。

なんて暗い話題もそこそこにMGガンダム3.0も最終回でございます。

R0012943.jpg

こちらは首まわりのパーツです。LEDでカメラアイを光らせるために、首のジョイントはクリアパーツですね。

R0012944.jpg

お馴染みの黄色いやつをはめ込みます。スミ入れはブラウンで薄くやっときました。

R0012945.jpg

とさかの部分はメインカメラでしたっけ。前後ともにクリアレッドで塗装。ただし、シールもあります。
ツインアイは透明で残しておいて、まわりをつや消しブラックで塗装します。

R0012946.jpg


これは何かというと、ツインアイのうらっかわにあたる部分です。これでLEDの光が拡散されるのでしょうか。よくわかりませんが、LEDは僕にとって少々高価ですのでダイソーテープ(金)を貼ります。

R0012948.jpg

組み立てるとほらこのとおり。裏の金が透けてみえますし、たまに光をひろってキラーンと光ります。

R0012949.jpg

それをフレームで挟み込みます。への字はもちろんもともと開口してあります。

R0012951.jpg

頭部側面とバルカン砲を取り付け。

R0012952.jpg

頭部完成。当然RGと同様にイケメンです。

R0012953.jpg

後ろ頭です。パズルのようにきれいに頭部が組み上がりました。

R0012954.jpg

あとは武装です。
ビームサーベルは3.0では4パーツほどに分かれています。今回サーベル持たすの忘れましたが、長さは普通です。

R0012955.jpg

やはりランドセルにビームサーベルが刺さってないと物足りないですよね。

R0012957.jpg

少し邪魔そうでもありますが。

R0012958.jpg

ビームライフル、ハイパーバズーカは以前のものの流用でしょうかね。プラ素材が硬く感じます。

R0012959.jpg

今見るとだっさい武器なのですが、戦艦も沈めちゃいます。

R0012961.jpg

バズーカはそれほど大げさに大きくはないですね。

R0012964.jpg

武装には持つところにすべて突起と穴がありますし、マニピュレータ側にも突起と穴があります。それらが互い違いにはまるので、しっかりと固定され、ポーズをつけてる最中も落ちにくいのが良いです。

R0012965.jpg

武装もVer.3.0にしたら面倒だったでしょうね。

R0012968.jpg

MGガンダムは初めて作りましたが、このシャッター機構は昔からでしょうかね。面白いです。

R0012969_201401202343259f0.jpg

裏側に開閉スイッチがあります。

R0012970.jpg

持ち手などをつけて裏側は完成。上のグレーのものは何なのでしょうね。手榴弾…じゃないですね。

R0012971.jpg

ランドセル中央にはめ込み穴が隠されていますので、そこにセットできます。

R0012972.jpg

というわけで、完成ですな。

R0012973.jpg

確かにRGのでかいの、といえばそれまでですが、やはりこのガンダムが好きなので僕は満足いたしました。

R0012974.jpg

コアファイターも良い出来ですし。

R0012976.jpg

R0012977.jpg

RGと大きさくらべ。RGのほうが赤のパーツが濃い色ですね。両方ともお台場ガンダムなので、それほど違いはありません。

R0012978.jpg

ホコリまみれのMGリックドムを並べてみました。ドムはやはりでかい。

R0012979.jpg

できれば量産型ザクの動力パイプに手をかけるシーンを撮りたいのですが、またザク作るのもなあ。でも作ろうかな…

R0012981.jpg

ところで私事ですが、今年は資格試験を受けようと考えてまして、このような形でのブログはしばらくお休みいたします。試験が11月頃なので、それ以降にまた復活させますね。
とはいえ多分気分転換に何個かつくると思いますので、たまに完成写真でもアップしようかとは思っております。

皆さんもまた気が向かれましたらご覧いただければ幸いです。
今までたくさんご覧いただき、励みになりました。ありがとうございました。

では風邪などひかれぬよう、お体を大事にお過ごし下さい。

それでは、また!

edit

CM: 0
TB: 0

page top

2017-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。