くいくい日記 

ガンプラ製作レビュー、日記等

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: MGユニコーンガンダム

MGユニコーンガンダム 製作その1 

2011/02/12 Sat.

こんにちは、管理人のTanakaと申します。
ブログを始めてみました。
内容はガンプラの製作をはじめとして、その他日記みたいなものを書いていくと思います。
趣味は広く浅くでやってますので、そのうち方針が変わるかもしれませんがよろしくお願いたします。

まず今回からは
ユニコーン パケ絵

MGユニコーンガンダムを現在製作中でして
そのご紹介などを何回かにわけてしてみたいと思います。

ユニコーンガンダム 脚部

色んな方のブログを参考にしながらプラモデルを組み立ててますが、僕はだいたい足から組むのが好みです。
上品でありながら複雑な膝の造形。その理由は

ユニコーン脚部 デストロイモード

ジャキーン!このモビルスーツは変形…というか変身するんですねえ。赤い部分はサイコフレームといいます。材質も集光材というものが使われているらしく、美しいです。
背景のキタナイのはそのうちなんとかするとして…もしこれから組み立てるという方は太もものフレームに注意してください。伸縮するフレームで、組んだ感じはユルユルなんで、僕は瞬間接着剤を使って少し突起を作って固くしてみたんですが、
これが大失敗  大変変形させづらくなってしまいました。変形後の形態の維持はストッパーがついてて十分でした。ユルユルのままでOKだったのです。

ユニコーンガンダム 下半身

で、腰まで組むとこんな感じです。変形後はー

ユニコーンガンダム 下半身 デストロイモード

ジャキーン!とまあこんな風に各装甲がズレて、サイコフレームが露出するというモビルスーツ史上類をみない(あまり詳しくないから間違ってたらすみません)変形をするわけです。
相変わらず背景のことは気になさらないでください。

この調子で胴体、頭、腕と組んでいきます。基本僕のスタイルは部分塗装派(←こんな派閥ないけど)なんで大した改修はいたしません。上級者の方は多分読んでもつまんないかも。
しかしもしかしたらMGユニコーンガンダムをこれから製作なさるかたにとってはちょっと感じをつかむのに役にたつかもしれませんし、まあ日記がわりに適当にアップしてゆきますので生温かい目で見守ってくだされば幸いです。

ところで次回の更新は"新潟せんべい王国に行ってきました"(全然テーマ違う)を予定しております。

それでは また!



スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: --

page top

Category: MGユニコーンガンダム

MGユニコーンガンダム 製作その2 

2011/02/14 Mon.

こんばんは
今回はMGユニコーンガンダムの胸部(というか腹部も含む)と頭部の製作をご紹介いたします。

コクピット

まずは大事なコクピット。さすが1/100スケール。バナージ・リンクスさんもバンダイの最新技術でしっかりと彫刻されていますが…

コクピットその2

色も塗らずに蓋

コクピット3

あ、そういえばこの腰に接続されるボッチの部品、前後間違えずに挟んでくださいね。僕は一回間違えちゃいました。

コクピット4

これでほぼ見えなくなりました。あまり大変な作業はいたしません(キリッ

ユニコーン胸部

これで胸部ができあがりました。ブログもはじめたことだし、カッティングマット買ったほうが良さそうですね…

ユニコーン胸部 デストロイモード

こちらがデストロイモード変身後(ただし、胸、腹部のみ)となります。左右に引っ張り出した装甲は肩のセンサーを立てることによって維持されます。

ユニコーン頭部1

さて顔を作ります。ずれないように目を貼って、ガンダム独特のへの字のモールドは黒の油性スミ入れマーカーで塗ったくったあと、余分なところを消しゴムで消しちゃいます。

ユニコーン頭部2

説明書を良く見て、向きなどを間違えないように組んでゆきます。ツノは、ぱかっと開く可動式のもの、ユニコーンモード固定、デストロイモード固定の3タイプを選んでとりつけられます。可動式はどうしても先が割れてしまいます。僕は気にしませんがね(←めんどくさいだけ)。

ユニコーン頭部3

装甲をつけて頭完成!ver.Kaではないので頭部にバルカンがついてます。金色で着色してみました。これは見えるので仕方ありません。爪楊枝でおおむね色をつけて乾いてからナイフでいらないところを削ります。

ユニコーン頭部4

やはり頭部のみデストロイモードに変身してみました。うーん、あとで要レタッチ…というかリタッチというか、あらが目立ちます。

というわけで、本日はここまでです。次回は腕をつくろうかなー(←同じの二個とか作るの苦手)と考えております。

それでは、また!


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: MGユニコーンガンダム

MGユニコーンガンダム 製作その3 

2011/02/21 Mon.

腕1

MGユニコーンガンダム今回の製作は腕からです。上の写真の状態ではなにがなにやらですが…
腕2

チョットずつ雰囲気がわかってきました。膝の造形と似ていますね。特徴のある面構成です。

ぐわし

マニュピレーター(手)は指を全て切り離して独立可動させられますので、写真のような「ぐわし」も可能です。

腕3

タダですねー、この手…全体のバランスをみると

手がでかい

妙にでかくないですか?なんか手だけ浮きまくってるような…
とにかく肩がなんか寂しいので、肩を作りましょう。

肩注意

注意点です。他の方のブログでもおみかけしましたが、中央の細いグレーの部分、きちんと出てくるまではめ込んでください。ほぼ必ず「パチン」という音がすると思います。ちょっと固いです。

スミ入れ

ちなみにスミ入れのようすです。だいたいはみ出しつつもスミ入れペンでモールドを塗ります。

スミ入れ2

綿棒か、指の腹でこすってできあがり。白い部分に汚れが完全に消えずに残るようなら、ガンダムマーカー消しペン、もしくはアクリルシンナーを綿棒に染み込ませて拭けばきれいになるでしょう。



肩完成

肩を装着し、後ろから見た図です。またまた寂しいので、バックパックもつけちゃいましょう。

バックパック

バックパック内部にもサイコフレームが使われております。ビームサーベルが展開し、露出する構造です。

ほぼ完成

無事、バックパックが付き、完成までもう一歩です。

今回はここまでです。では また!


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: MGユニコーンガンダム

MGユニコーンガンダム 製作その4 

2011/02/21 Mon.

デカール

こんにちは。さて、MGユニコーンガンダム今回で完成となります。
バラバラに分解してデカールを貼っていきます。デカールはどういった事情か、ガンダムデカールというやつと、マーキングシールというのが付属しています。僕はこのガンダムデカールがはっきりいって好きではありません。貼りにくいからです。いわゆる転写シールというやつで、貼りたい場所に置いてボールペンのような先の丸い棒でこすって転写させるのですが、だいたいこすってる途中でずれたりします。今回も2,3枚だめにしました。マーキングシールだけで十分です。写真はしぶしぶガンダムデカールを貼り始めている様子です。

デカール完成

なんとかデカールを貼り終えました。いつの間にか武器もできてますが気にしないでください。武器作りはちょっと紹介するにはテンションが足りませんでした。とにかくこれで完成となりますね。よかったよかった。(写真のシールドの装着の仕方はちょっとおかしいです。ホントならグレーのパーツは腕の後ろに隠れます)

完成1

最新のガンダムにしてはレトロなライフルなんですよねー。弾倉交換できるのですが、僕のキットはユルユルで、すぐ弾倉が落っこちてしまいます。

完成2

ユニコーンモードの場合はこっからビームサーベルを抜くわけですな。もちろん抜いてからビームが発生するのでしょうけど、分かりやすいようにビーム部をつけてます。Ver.Kaはビームがピンクだったはずです。

変身1

そして、気をためます。ゴゴゴゴゴゴ…「おおおおおっ」

変身2

ざわざわっ

変身3

ショワンショワンショワン←謎の効果音

変身4

「クリリンのことかーっ!」
 …とまあ、こんな遊びも可能です。やはりこのスーパー…じゃなくてデストロイモードもなかなか見栄えがいいですね。ちなみにうちのかみさんはユニコーンモードを見てたときにはまだ未完成だと思ってたらしく、変形する旨を伝えたところ、「へえ、凝ってるね」と言ってくれました。

デストロイモード1

「ビーム…」

デストロイモード2

「トンファー!」

といった運用もデストロイモードなら可能となっております。サイコフレームを光に当てると大変よく光りますね。他にもバズーカを持たせてみたりといろいろなポーズを取らせてみたいのですが、せまい机の上ではあれこれ見苦しいものが写ってしまいますので(それがこのブログの特色になりつつあるが)こんど天気のよい日に違う部屋で激写してみたいと思っています。普段は子どもが寝てからの製作なので、どうしても夜中の見辛い写真になってしまいますね。わざわざ見に来てくださっている皆様には改めてお詫び申し上げます。

さてとりあえずMGユニコーンガンダムの回は今回で終了となります。次回作製するキットはだいたい目星はついているのですが、給料日前なのでまだ買いません。それまで、いままで作製したキットをご紹介したり、なんとなく日記を更新したりすると思います。

それでは、また!



edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: RGシリーズ

RGガンダムとシャアザク 

2011/03/01 Tue.

ガンダム足

こんにちは。
まだ、新しいプラモは購入しておりませんので今回は以前作製したRGガンダムRGシャアザクのお話を簡単にしたいと思います。

そもそも、僕が最近になってガンプラをつくりはじめたきっかけが、このRGガンダムなのです。小学生の頃はそれこそガンプラブームでしたから、お小遣いの許す限り、さまざまなプラモデルをつくっていました。でも、昔のガンプラはほとんど一色でできており、かっこ良くつくるためには塗装は必須でした。その頃は家にはネットなんてなかったので、自己流もしくは人づてに聞いたテクニックで塗装したりしてなかなかうまくできませんでした。(それでも結構楽しかったけど)

そんなこんなで中学、高校と進学していき、プラモデルのことなんて忘れていたのですが、あるとき、このRGガンダムが発売される、とか、他にも最近のガンプラはすごい。などと聞いてネットでガンプラを検索してみたら作製サイトが次々にヒットするわけです。そしてなるほどパチ組(塗装などしないでただ組み立てただけ)でも昔のガンプラとは比べ物にならないくらいかっこ良くつくれる、ということを知りました。

そして、ちょっとした塗装やスミ入れの技術なんかも読んでいくうちに久しぶりにガンプラを作ってみようと思い立って購入したわけです。

ガンダム顔

ガンプラでお買い得な大きさといえば1/144スケールのものですが、子供の頃はガンダムそのものは作ろうとおもいませんでした。なぜなら小さすぎて、どうせ顔がうまく塗装できないからです。
ところがどうでしょう。時は流れ、そんなにテクニックがなくても上の写真くらいにはガンダムの顔を作成することが可能となったのです。バンダイの驚異の技術です。耳?のところや、鼻の下?の山型の模様まで穴が開いて再現されています。黄色とか赤なんてまともに色を塗ってもきれいに発色しなかったのに、もう全部別パーツです。やはりガンダムは顔が命ですね。

コアファイター

おまけにこのキットにはコアファイターまで付属してきます。もちろんコアブロックに変形可能。特に羽根をたたんだ時の精度の良さにはびっくりしました。

ガンダムサーベル

RGというだけあって、可動もリアルで、サーベルを抜く姿まで再現できます。ただ、良く言われておりますがところどころ装甲がはずれ易いですね。肩の装甲なんて接着してもいいかもしれません。
それと、関節部分の金属表現はシールになってますが、銅か金色で塗装した方がいいですね。遊んでるうちに剥がれてきます。
シャアザク足

一方こちらはシャアザクです。このキットをつくるころにはだんだんガンプラ作りのカンを取り戻してきてますので、バーニアを金色で塗ったりと好き勝手やってます。

シャアザク後ろ

このRGシャアザクには他にもレッドブラウンやフラットアルミでエナメルのスミ入れを試してみました。ピンクの部分には茶色、濃い赤、黒の部分には銀でスミを入れてみたわけです。写真ではよくわかりませんけど。エナメルのスミ入れは細いモールドがきれいに仕上げられるのがいいですね。プラスチック割れに気をつけなければなりませんが。

シャアザクしゃがむ

このポーズはシャアザクさんにはぜひやっていただきたいポーズですね。

ザクマシンガン

やはりRGシャアザクも武器を構える姿はかなりさまになります。

ヒートホーク

ヒートホークの仕上げは忘れています。

両雄2

というわけでやはり最後はツーショットですね。ファーストガンダムに代表されるモビルスーツなので僕的に大変癒されますね。ちょっとシャアザクのほうは装甲の分割や色分け等ヤリすぎな感じは否めませんが、実際つくってみると満足度は高いです。昔ガンプラに夢中になって、またつくってみようかな、と思ってらっしゃる方にはおすすめのキットたちです。4月にはエールストライクガンダムというのがRGシリーズで発売されるらしいです。そのガンダムは僕はよく知らないのですが、RGのメカニズムには毎回おどろかされるので、もしかしたら購入するかもしれません。

それでは今回はこのへんで

では、また!





edit

CM: 3
TB: 0

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。